未来社会の道しるべ

新しい社会を切り開く視点の提供

新選挙制度

抽選制民主主義

代議制民主主義の国では、国民が民主的な投票によって代表者を選び、その代表者たちが国民の守るべき法律を定め、税金をどう徴収するかを決め、税金をどう使うかを決めます。 これは合理的に思えるのですが、なぜこの政治形態が上手くいかないのでしょうか。…

マイナス票と投票価値試験

昨今、先進国ではびこるポピュリスト対策として、マイナス票の導入ほど有効なものはないように思います。古代ギリシアの陶片追放のように、マイナス票と言えば、危険な独裁者を排除するために導入されていますから。とはいえ、イギリスのEU離脱の可否のよう…

投票点数自由割当方式

前回までの記事で提案した投票価値試験が、最も有益だと考える選挙改革案です。この記事で提案する投票点数自由割当方式と、次の記事で提案するマイナス票は、本当に有益かどうか、私自身、疑問を持っているところもあります。 現在の投票方式では、一人の候…

投票価値試験の利点

投票価値試験が実現すれば、候補者は名前連呼などの無意味な選挙活動はしなくなるでしょう。候補者は教養のある有権者に投票してもらうため、真に有意義な政策を訴えるようになるはずです。 また、投票価値試験は有権者の政治への知識と関心を高める効果があ…

投票価値試験の公平性

投票価値試験の実例 問1、次のうち、ヨーロッパにある都市はどれか? ア、ニューヨーク イ、ロンドン ウ、ロサンゼルス エ、シカゴ オ、デトロイド 問2、次のうち、PM2.5とはなにか? ア、自動車 イ、携帯電話 ウ、コンピューター エ、条約 オ、粒子状物質…

投票価値試験

昨年、成熟した民主主義国家と思われた国で、進歩的な新聞から批判される選挙結果が出ています。その代表格がアメリカ大統領選でした。この結果が本当に批判されるべきかどうかは確定できないでしょうが、ここではそれについて議論しません。 朝日新聞は多数…